HOME    統一感    いちいち驚き    なごやかに    お色直し    エンディング
 
  理想の結婚式
 〜名古屋の結婚式場より〜
 

 わたしも結婚したいっ!!!

わたしも結婚したいっ!!!
初めて、そう思った。

先日、友達の結婚式に呼ばれて、名古屋まで行ってきた。
ホテルの結婚式場。

スピーチを依頼するカードが入っていた。
普通、ひとこと断ってから同封するもんじゃない?

なんて思いながら、詳しい場所等確認。
日取りは聞いていたから、ちゃんと予定は開けるようにしている。
場所もよくわからないが、地図もついているし大丈夫だろう。

そこに、気になる文章を発見。
初めて、目にしたもの。
それは。
当日の服装に関するもの。
黒、白、もしくは赤でお願いします。
なんて。

理解できます?
“白”は花嫁さんの衣装で、結婚式場には着て行かない、という暗黙の了解みたいなの、ありません?
“あなた色に染めてください”とかなんとか。
そのための白ですよね?
それを、白って・・・。
それより、来客への服装を指定してくるって。

たぶん。
それを見た人の中には、むっとした人もいるんじゃないかな?。
何を着て行こうか、もう決めていて、楽しみにしている人もいるかもしれないし。

わたしも考えた。
黒は礼服くらいしかない。
喪服にも使えるものなので、スカートの丈が長い。
そんな服で、名古屋まで、ましてや結婚式場には行きたくないよな。

じゃあ、白?
よく考えると、白い服って、持っていないよな。
白いシャツに、黒いパンツ?
持っている服の中では、その組合せしかない。
それじゃあ、見た目にも地味だし、かわいくないし。

赤?
セーターで、赤と黒のものがあるくらいだ。
迷ったあげく、せっかくなので新しく準備しようと思った。
ご祝儀も準備しなきゃいけないから、ちょっと痛い出費だけれど。
週末、一人でショッピングモールへ。

もちろん、名古屋まで出ましたよ。
まだ、結婚式場に行くまでまだ時間もあるし、なにもすぐに買う必要もないし。
意外と、白、黒、赤って、気に入るものがない。
ワンピくらい?
ちょっと、綺麗めのものにしたいな。

ドレスタイプなら、やはり黒が多い。
白を選ぼうかと思ったけれど、かわいいデザインのものは、けっこうオフホワイトとか、クリーム色っぽい、微妙な色になってしまう。
夏なら、それなりに白いワンピもありそうだが。
黒も袖が長くなると、少し間違えると、礼服と変わらない。
レースの多いタイプなら、礼服とも違うけれど、ちょっとどこかへご出勤的なイメージにもなり兼ねない。

結局、わたしが結婚式場に来て行こうと選んだのは、赤。
普段の服と比べると、かなり派手なこと、間違いないけれど、どうせなら、これくらい思い切ってみようかと思った。

指定外の服を着るよりは、少し派手目くらいの方が良いだろう。
買ってしまった。

少し、鏡の中の自分を気に言ってしまったのだけれど。
名古屋の結婚式場。

素敵なところなのかな?




       

 WAHT'S NEW

この秋意を決して今の会社を退職する事に決めました。半年前から上司には相談をしていて改善できる所は改善してもらったのですが、それでもやはり私の体力が会社の仕事量と合わなかったため結果的に辞めるという方向に行き着きました。その時はまだ後悔なんてものはありませんでしたが、それでもやはり今まで一緒に頑張ってきた仲間や社長。安月給とはいえみんなと築き上げてきた絆は一生のものだと思っていましたし、この会社に入って仕事への意欲、団結力、喜びを実感する事ができました。しかしそれ以上に労働がきつく更には休日出勤までさせられ、体力が限界を訴えて泣く泣く会社を辞めるはめになりました。そりゃあ名古屋 税理士のような素晴らしい所に勤めていたらそんな事でやめたりしませんでしたが、正直な話その会社に明るい未来があるとは思えませんでした。スタッフさんや社長は皆言い方ばかりだったのですが、会社がこれ以上大きくなると思えずに退職を決めました。そして自宅療法を行いその後新しい会社に入ろうと決めていたのですが、会社を辞めると決めた途端にとてつもない後悔を感じるようになってきました。親にそれを相談したときはそれは一時の感情であって、その会社を辞めてよかったと思える日は絶対にくると説得させられました。実は会社を辞めろと初めに話してきたのは紛れもなく私の親だったのです。なぜなら父親が過労死しているからです。私も父に似ていて無理をしてでも頑張ってしまうところがあるらしく、それで今回倒れかけていた私に母が「会社がすべてじゃない」と鳴きながら私に話してきたのが退職のキッカケでした。私もうすうすここはブラック会社なのだろうと思っていましたが、周りの支えが大きすぎてなかなか抜け出すことが出来ませんでした。しかしこのままだと私は普通の生活すらできなくなってしまのではないかという体になってしまったのです。今は辞めて少しの間だけ自由の時間を楽しんでみようと思いました。

今日は彼氏と付き合って1年記念日です。何かを買ってくれるというので二人でお洒落なお店が並ぶ都心へと電車を乗り継ぎ行ってきました。一体何を買いにこんな遠方に出てきたのだろうと思って彼氏の手に引かれるがままに着いた先はジュエリーショップでした。ちゃんとしたブランド物の。中に入ると素敵な指輪が沢山並んでその上には「ペアリング」という文字がでかでかと掲げられていました。私は感極まって彼の顔を見たのですが、彼が見つめているのは学生でお金がない私達には勿体無さ過ぎるうん万するモノ。まさかそんなもの買えるわけないと思っていたら彼がなんの躊躇いもなくコレつけさせてくださいと店員を読んでいた事に驚きを隠せませんでした。付けたりしたら買わなきゃいけなくなるよ!とこっそり耳元で彼に言うと、いいんだよ買うためにきたんだろとサラっといわれました。私は理解ができなくて少し混乱気味でした。だって彼の家は神戸 リフォームでリフォームをする予定で彼は少しでも親の援助をするためにとバイトを一生懸命稼いでいると話を聞いたのでなお更こんな大金出せないでしょう。そう思ったときでした、彼が私の指のサイズを確認してコレをくださいと店員に差し出していたのです。思わずちょっと!と呼び止めてしまいました。しかし後から話すといわれてその時はそれで我慢するしかなかったのですが、後々聞いたらリフォームと言うのは全くの嘘でこの資金をためるためにバイトを頑張っていたそうです。そんな事とは全く知らず、自分のためにここまで頑張ってくれた彼がさらに愛おしく感じました。

今見たい映画は、「奇跡のリンゴ」です。この映画は、無農薬でリンゴを作ろうとするんですが、それに長い年月と苦労があり、それを支えてくれたのは家族だったという感動の物語です。この話は青森のリンゴ農家の木村秋則さんの実話だというところにとても惹かれました。リンゴ園の主人公は阿部サダヲさん、置く三役は、菅野美穂さん。三人の女の子達も出てきます。妻の美栄子と結婚して婿入りし、サラリーマンをやめて、リンゴ園を継ぎますが、妻が長年の農薬の散布で蝕まれてしまっていました。妻のために無農薬のリンゴを作ろうとしたんですが、不可能といわれていた無農薬リンゴは上手くいかないで、10年も歳月がたってしまったんです。借金ばかりが膨らみ、自殺をしようと入り込んだ山で、ミが多々輪に実った自生のリンゴの樹を発見しました。そして、その木が育っていた土を調べたんです。そして、害虫との闘い。害虫と思っていたものが本当は必要だったなんてところでは、自然はみんなつながっていてバランスを取っているんだってことに気が付きます。これって、私たちの普段の暮らしにも言えることだって思います。メガネ 福井で買ったのをかけて映画館で見ようと思ってます。阿部サダヲさんって、決して用紙がかっこいいわけではないのですが、とても表情豊かでみていると気持ちが痛いぐらい伝わってくる役者さんで、私は大好きです。面白いですしね。あんなふうに普段も表情豊かに暮らしていたら、たくさん周りを幸せに出来そうです。それにしてもポスターの阿部さんの笑った顔は何度見てもステキです。どうしたらあんな表情が出来るんでしょうね。そういえば彼が一度金髪にしたと気があるんですが、あれは、似合ってなかったです。自然体が一番彼らしいなって思いました。「謝罪の王様」という映画も9月から公開されるようです。E-girlsのnewシングル「ごめんなさいのKissing You」という曲は謝罪ラブソングだそうです。歌詞に注目ですね。

地震はいつくるか分からないですが、日本に住んでいる以上必ずおこり、たくさんの被害をもたらします。現在一番恐れられているのが、南海トラフです。四国より南の海底にある、水深4000めー等の深い溝。富士山に異変が起こったようです。3.4合目あたりの林道が、300メートルにわたり陥没したそうです。そして、河口湖で、湖水が減少したそうです。海でとれるアサリの量が激減したのも関連があるのではと思われます。浜名湖では謎の巨大生物が現れました。4.5メートルもある大きなアザラシに似た生物でそれがなんだか分からないんですよ。竜巻もよくおきるし、集中豪雨も多いし、みんながなんかおかしいって感じています。司法書士 宮城の方が言ってましたが、突然、地震が起こって、それからすぐに津波に飲み込まれたそうです。なので、とにかく、自分の身を守ること。いろいろもって逃げるものなんか考えていると、逃げおくれます。とにかく、命があれば、なんとでもなる。そう思います。地震が着た時の準備を前もってしておくといいですね。南海トラフ巨大地震が起こったら、32万人もの人が亡くなると予想されているんですよ。日本列島の半分近くを襲うそうです。南海トラフは過去90年から、150年間の間隔でマグニチュード8の地震が発生しています。今後30年以内にM8以上の地震が起こる確率は60〜70%だそうです。もし、南海トラフがきたら、西日本を中心に広い範囲で最大34メートルの大津波が日本列島に襲い掛かるそうです。この大津波で、たくさんの人が飲み込まれて亡くなるそうですから、海に近い人は、逃げ場の確認をしておいて、地震が収まったらとにかく命がけで、高いところに移動しないと。富士山が噴火する可能性もあるそうですし、静岡に住んでいる人が一番危ないそうです。とっさにどう判断して動くかが命を救うので、普段から家族で対策を取っておきましょう。うちでも子供達に、電話が通じなくなった時は、どうしたらいいかとか、非常用の食品等の確認や、しまってある場所を家族で把握して備えています。

今更になって大学に進学していればよかったなと思うようになって来ました。それまでは大学なんかが学生の延長戦なんてしているの勿体無いと思っていたんです。しかし、同じ高校でずっと仲の良かった子が大学に行って激変。それまでも明るい元気な子だったのですが大学に言ってますますやりがいが出てきたのかとっても活き活きとするようになりました。まるでその子の世界が変わったかのように毎日がキラキラしていてとても楽しそうに大学生活の話を聞かせてくれました。自分達で合コンをセッティングして週末は毎回合コンや飲み会の予定でいっぱいだったとその子は私に話してくれていました。その中でカップルができウェディングドレス レンタルなんかをして今頃幸せに暮らしている子達も沢山いるんだとか。私はと言うと高校を出てすぐに働きに出たのでそんな楽しい学生ライフは送れませんでした。その代わり自分にお金をかける事ができて、自由に使えるお金が沢山あり貯金を早くからする事もできました。本当はもっと早くからするつもりが社会人1年目は遊んでばかりいて貯金学は0のままでした。当時19歳だった私は大学生の友達とはあまり休みがあわなくて必然的に会う機会も減っていきました。社会人と学生はこうゆう所ですれ違いが生じてしまうので、気兼ねなく遊ぼうとお互いなかなか誘えないんですよね。それにお金の余裕さも全く違うのでこっちが誘うご飯屋さんなどは高すぎて勿体無いからいけないと断られることもシバシバ。あっちは大学で毎日友達と遊んでいるから友達のひとりやふたり断ってもなんの支障も出ないのでしょうが私は遊ぶ時間も限られていますしその友達がキャンセルとなると他を探すのに時間がかかって休みの日なんてあっという間に終わってしまいます。

友達に苗字が、「蟹井」さんという人がいます。蟹井さんは、もともとは井田さんですが、結婚相手がこの苗字だったそうです。変わった苗字だなって思いましたが、結婚相手の蟹井さんにきいたら、蟹が付く苗字って他にもたくさんあってまだ、一般的?な方なんですって。どんな蟹がつく苗字の方がいるのかなって思いますよね。私もそう思って聞いたら、例えば、毛蟹さん、渡蟹さん、蟹甲(かにこう)さん、蟹山伏(かにやまぶし)さん。面白いですよね。本当ですよ。そういう苗字の方がいるそうです。で、想像してみました。蟹さんと、渡蟹さんが話しているところをね。「ねえねえ、毛ガニさん、越前ガニで買うんだけど、良かったら、送料が安くなるから、一緒に注文しない?」「渡蟹さん、今はちょっとお金に余裕がないから、毛蟹にしておくわ」(笑)文章で見ると何がなんだか分からなくなりますよね。読解力が乏しいと、訳分からなかったりして。(笑)苗字の段階で、渡蟹さんが毛蟹さんにちょっと負けた感じが残念だったりして。こういう変わった苗字って、結構ありますよね。尾藤、加藤、佐藤さんが、アイスコーヒーのボトルで、どれがいいかって話していたとき、笑ってしまいました。本人達も楽しんでましたよ。

髪にうねりや、広がりが出てくると憂鬱なものですよね。これが、美容院から出てくるときには、髪が風になびいてサラサラッと揺れるまっすぐな髪になったら、どんなにかうれしいでしょう。女性にとってツルツルサラサラの毛って、美人度が上がりますからね。手に入れたいものです。もともと癖毛の人でも諦めなくてもよくなりました。縮毛矯正 名古屋で施行してもらうと、ツルツル、サラサラの美しい美髪に変身です。この縮毛矯正は、一度かけるとかけた部分は、永久的にまっすぐなままなので、次にかけるのは、新しく生えてきた髪の毛に対してなので、半年ぐらいしてからかけるようにしています。娘も同じように癖毛で、気にしているので、縮毛矯正をしたら、とてもツルツルサラサラで髪も軽くなって、かわいらしくなったので、気に入ってくれたみたいです。髪がきれいにまとまると気持ちまで晴れ晴れとして、毎日が過ごせるようになるものなんですね。この縮毛矯正は、癖毛で悩んでいた人の救世主です。高校を卒業して、働いたお金で、当時は高かったんですが、かけたらとても気に入ってしまって、それ以来ずっとかけ続けています。

生き方が多様化した現在では、一生独身のまま過ごすという人も増えてきました。彼らはシングルライフを楽しみたいと言います。しかしながら、結婚願望を抱く人も依然として多いものです。その中には若い人ばかりでなく年配の人もいます。彼らは結婚したいと思ったら、まずは相手を見つけなければなりません。ところが日ごろの生活の中では思うように相手が見つからないという人も少なくありません。そんなときにはお見合いパーティーや婚活サイトに登録してみるのはいかがでしょうか。割と良い出会いが期待できると評判の良い国際結婚 中国というものがあります。男女とも結婚を考えた人たちが集いますので、気が合う人とめぐり合ったら真剣なお付き合いをすることができます。ところでこういったお見合いパーティーのようなものに参加するにあたって、何か資格を取っておくという人も今では増えています。それは資格があれば、もし生活環境が変わったとしても仕事の幅が広がるからだと言います。そのため結婚を前提としたお見合いパーティーでも大いに自己アピールができることになります。もしかしたらその資格が決め手となるかもしれません。結婚生活についてある程度具体的な考えをもってお見合いパーティーに参加するのも良いでしょう。











 


Copyright(C) Ideal Husband type All Rights Reserved.